お役立ち情報|企業特集ポータルサイト

  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 運営会社
企業特集ポータルサイト
お役立ち情報

弁護士の第一の職務は当事者に代わって訴訟をし、争いを解決することです。ドラマなどでよく裁判所で証人尋問しているシーンを見かけることが多いため印象が強いです。しかし弁護士の仕事はこれだけではありません。実際弁護士の中では全く裁判所で訴訟をしたことの無い人もたくさんいます。

弁護士は法律のプロフェッショナルですから訴訟以外の法律に関する仕事をたくさんしています。当事者の法律的争いは全てが訴訟で解決されるわけではなく、逆に訴訟まで進展するのは争いの中でも深刻なもので当事者両者が自分が正しいと譲らないようなもののみです。ですから弁護士は当事者の争いをそのニーズに合わせて法律で解決するのです。

例えば争いの相手方に対し依頼者の言い分を文書にして送ったり、依頼者に代わって交渉したりします。それでも解決ができない場合には訴訟を提起することになります。また、争いを事前に防止することも仕事の一つです。依頼者がこれからしようと考えていることが適法なことなのかどうかを事前に調べて報告するのです。この仕事を中心にしている人も多く、企業と契約している場合も多いです。これが顧問契約です。このように様々な職務があります。